読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびのあとさき

ソウル在住もうすぐ19年目突入

韓国政治

国家観・歴史観でも韓国憲法と相容れなかった朴槿恵大統領(2)

(1 )からの続きです 父の名誉回復がライフワークだった娘 朴大統領が、父の名誉を回復したいとの強い意志を抱き続けてきたことは、よく知られた事実です。 ここに、その心情を克明に記録した映像があります。ネットメディア「ニュース・タパ」が、2012年9…

国家観・歴史観でも韓国憲法と相容れなかった朴槿恵大統領(1)

「朴大統領は憲法違反を犯した」 朴槿恵大統領に対する弾劾訴追案が先日(12月9日)、必要数の3分の2を優に超える賛成を得て、国会で可決されました。 崔順実による国政介入疑惑については、日本のテレビなどでも詳細に報じられているようです。筆者ももちろ…